ラベル 富岡製糸場と絹産業遺産群 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 富岡製糸場と絹産業遺産群 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2015年7月7日火曜日

店頭でのアイキャッチにスイングPOPを活用しよう!

店頭販促ツールの定番であるスウィングPOPの事例をご紹介します。






こんにちは、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。


パンパかパーン!

とうとう「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産登録されたね!

去年の「富岡製糸場と絹産業遺産群」に引き続き、日本の文化遺産が世界に注目されるのは嬉しいことだよ。


さて、その富岡製糸場の錦絵をモチーフにした「100%群馬県産シルクアート」を販売してもらっているお店では、商品の横にこんなPOPが飾られているよ。

100%群馬県産シルクアート」については、バックナンバーを参照してね。

「さわってください」と促すスウィングPOP
「さわってください」と促すスウィングPOP


スタンドパネルに貼られていたスウィングPOP
店頭ではスタンドパネルに貼られていた(写真の右端)


このスイングPOPの真ん中には、商品に使われている群馬県産の絹が貼られていて、その手触りを確かめることができるようになっているよ。

シルクアートはガラスで遮られた額に入っているので、絹の質感が分かりくい、というご意見をいただいて作ったんだ。



販促に携わる人には説明はいらないと思うけれど、スイングPOPとは、英語の「swing」(揺れ動く、ぶらぶら揺れる)という意味から来ている、店頭販促ツールの一種だよ。

紙の反りを利用して、商品棚よりも手前に飛び出させることができるので、商品の魅力や特長を訴求しやすいんだ。

補足説明する用途のスイングPOP
補足説明するのにも使えます



スイングPOPに空調の風が当たるように仕掛ければ、勝手に動いてくれるので、より目に留まりやすくなるよ。電池のいらないムービングPOPと言えるね! たまに電車の中の中吊り広告や窓上ポスターに貼られていたりもしているね。

また、PET樹脂などの透明な素材で作って、飛び出した部分だけ印刷すれば、まるで広告が宙に浮いているように見えるね。

中吊り広告へ添付したり、 クリアな素材で制作すると面白い効果が得られる
中吊り広告へ添付したり、
クリアな素材で制作すると面白い効果が得られる


プロネートは変わった形のスイングPOPでも、少部数より製作することができるよ。

この場合、抜き型を作るとお金がかかるので、デジタルカッティングマシーンを使って切り抜くんだ。

複雑な形にカッティングされたスウィングPOP事例
複雑な形にカッティングされたスウィングPOP事例



スイングポップつながりで、最後にクイズを出すよ。

このスイングポップは、プロネートのとある場所に貼られているんだけど、どういった用途で製作され、どこに取り付けられているものでしょう?

謎のメッセージが書かれたスウィングPOP
謎のメッセージが書かれたスウィングPOP




分からないという人のために、スペシャルヒントをあげるね☆

重要な手がかりが隠されている写真
この写真の中に重要な手がかりが隠されている!






もう分かったかな?

答えは、男子トイレの中でした〜!


左の(立って用を足す)トイレが詰まりやすいので、右のほうでしてね。と注意を呼びかけるために製作したスイングポップだったんだ。

本当は全体像もお見せしたいところだけども、ビジュアル的にとっても美しくないので、皆さんそれぞれ頭の中で想像してみてね。



このように、スイングPOPは売場だけじゃなくて、意外なところでも使い道があるかもね!


スウィングPOP製作の活用シーン

  • 期間限定キャンペーンの開催をPRするためのアイキャッチとして
  • 商品や人物を飛び出たせて見せる効果を狙った中吊り・窓上広告に
  • 商品サンプル・香り見本を貼り付けて触覚や嗅覚に訴えるために


スイングPOPなどの販促ツールの製作は、ぜひぜひプロネートにご相談してね。


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!




絹に印刷した「100%群馬県産シルクアート」を富岡製糸場のお土産に!
5色の光を放つ地球くん(スイングPOPを展示会で使用した事例)



2015年1月5日月曜日

絹に印刷して賞状を製作したよ 【絹への印刷事例】

絹生地に印刷して表彰状を製作した事例をご紹介します。





明けましておめでとうございます! プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今年もよろしくお願いするよ〜!!


さて、2015年最初の投稿は、プロネートのUVインクジェット印刷機で、絹に印刷して賞状を製作した事例のご紹介だよ。

絹に印字して作製した表彰状の写真
絹に印刷して製作した賞状の事例



以前に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録を記念して作られた「絹新聞」を印刷した経緯もあって、今回は絹でできた表彰状をプロネートで作らせてもらったんだ。

絹地には、富岡市長さんの直筆で文言が刻まれているよ。枠の細かい模様も、しっかり印刷されているね。

細部まできっちり印刷された枠模様の部分写真
細部まできっちり印刷された枠模様



さらに、この表彰状には、富岡市の紋章が箔押しされているよ。

なめらかな絹に、きらびやかな金という、なんともプレミアムな賞状に仕上がったよ!

金箔押しされた富岡市章の拡大写真
金箔押しされた富岡市章



絹の賞状はきちんとした額に入れられて、安倍首相の感謝状などとともに、市長から片倉工業の社長さんに手渡されたんだ。

今回の表彰は、昨年6月の富岡製糸場の世界文化遺産登録に貢献したことによるものなんだって。

世界遺産になった富岡製糸場の外観写真
世界遺産になった富岡製糸場



片倉工業さんは富岡製糸場を市に譲り渡すまでの18年間、建物を売ったり壊したりせずに、ずうっと守り続けたんだ。

建物を維持するのにもけっこうなお金がかかったみたいだよ。そりゃ、表彰されてしかるべきだよね!


授賞式の様子が富岡市さんのホームページで詳しく紹介されているので、ご参照してみてね。

片倉工業株式会社特別表彰(富岡市)



【追記】2016.2.26 
絹で賞状を制作した事例を、動画にしてみたよ。内容ほとんどカブッてるけど、映像でも見てみてね。




「絹に印刷」活用シーン

  • 絹産地のお土産品の開発に
  • プリント柄を印刷して観賞用スカーフの作製に
  • 贈答用のシルク製アートタペストリーの生産に



絹への印刷に関するお問い合せは、下記のボタンよりお願いします☆


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



絹に印刷した「100%群馬県産シルクアート」を富岡製糸場のお土産に!
富岡製糸場が世界遺産に!新聞特別号を絹に印刷したよ
絹新聞にバーチャルマネキンも!いたばし産業見本市にパネル出展するよ



2014年12月8日月曜日

絹に印刷した「100%群馬県産シルクアート」を富岡製糸場のお土産に!

絹に印刷した当社製品「100%群馬県産シルクアート」をご紹介します。





おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。


目の回るほど忙しい師走(しわす)の最中、ボクのブログを見てくれてありがとう!

そんなみんなに、できたてほやほやのホットな話題をお届けするよ。

群馬の名物料理「おっきりこみ」の写真
群馬のホットな名物料理「おっきりこみ」


今年の群馬県は「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産登録されたり、県のマスコット・ぐんまちゃんが「ゆるキャラ®グランプリ」で悲願の優勝を果たしたり、何かと注目されたね。

来年はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」でも後半の舞台となるなど、今後も目が離せなそうだよ。

【追記】2015.10.13 
「花燃ゆ」第41回では、ついに舞台が群馬に移ったね。富岡製糸場も出てきたし、最終回まで絹が注目されそうだね!



そんな話題に事欠かない熱〜い群馬に、ボクは先週行ってきたんだ。

富岡製糸場の正門のところで、知らないおじさんとツーショットしてみたよ。


富岡製糸場前で記念撮影する助太力くんの写真
富岡製糸場前で記念撮影する助太力くん



な、なにも観光で行ったわけじゃないんだよ!

これでもビジネスマンの端くれなので、とある商談に一軒のお店を訪れたんだ。


6月に「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産登録された記念に、プロネートのUVインクジェット印刷機で「絹新聞特別号」を印刷したことを紹介したよね。

絹新聞タペストリーの写真
今でも製糸場周辺のお店に飾られている


その技術を活かして、このたび絹に印刷して使った商品を作ったんだ♪

「100%群馬県産シルクアート」大サイズ写真
「100%群馬県産シルクアート」大サイズ


これは、今では大変貴重になった群馬県内で作られた絹糸を使い、群馬県内で織られて生地にされた、その名も「100%群馬県産シルクアート」だよ。

富国強兵時代の富岡製糸場の様子が描かれた美しい錦絵をモチーフにして、「祝 世界遺産登録 富岡製糸場と絹産業遺産群」のテキストとともに紙面構成しているよ。


「100%群馬県産シルクアート」は大小2種類あって、大きい縦長な額のほうは太子と呼ばれるサイズ379x288mmで少しレトロモダンな雰囲気、小さくて真四角な額のほうは20cm角の和風なイメージになっているよ。

「100%群馬県産シルクアート」小サイズ写真
「100%群馬県産シルクアート」小サイズ


正方形タイプに描かれているパターンは、蔟(まぶし)と呼ばれる蚕が繭玉を作るための個室と、揚げ返しという工程で六角形の枠に巻かれた絹糸を表現しているんだ☆

繭と蔟(まぶし)をイメージしたパターン柄
繭の向きもそれぞれ異なる


絹の糸繰り機をイメージしたパターン柄
絹の糸繰り機から発想を得たパターン



フォントを使わず筆による手で書かれた文字
文字もフォントを使わず筆による手書き


「100%群馬県産シルクアート」は、富岡製糸場の正門すぐの場所にある「絹工房」というシルク石鹸やシルク化粧品のお店やさんに、数量限定で置かれているよ。

※店舗での販売は終了いたしました。

「100%群馬県産シルクアート」が置かれた店内写真
店内入口側に置かれた「100%群馬県産シルクアート」


富岡製糸場にお越しの際は、シルク石鹸の泡のふわふわ感を体験してもらうためにも、ぜひぜひ足を運んでみてね〜 お店は正門を出て左側を見ると、新しい感じのお店があるのですぐに見つかると思うよ。


絹工房富岡製糸場前店外観
「富岡シルク石鹸」ののぼりが目印です

※本店(群馬県富岡市富岡1152番地)とは場所が異なるのでご注意ください。



【参考サイト】
★「富岡シルク石鹸」の絹工房




「富岡まで行く時間がない!」という東京近郊の人は、東銀座の歌舞伎座の向かいにある群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃんち」でも販売しているので、そちらを覗いてみてね。奥まったところにあるので、店内くまなく探してほしいな。

運がよければ、ぐんまちゃんに会えるかも?

「ぐんまちゃんち」外観写真
「ぐんまちゃんち」外観

※商品写真は額縁のガラスを外した状態のものです。



【追記】2016.1.26 
シルクアートについて動画を制作したので、ここに紹介しておくね。




絹への印刷や「100%群馬県産シルクアート」に関するお問い合わせは、下記よりお願いします☆

↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



桐箱に印刷したよ(「シルクアート」の試作品として印刷した事例)
和紙に印刷したよ(「シルクアート」の試作品として印刷した事例)