2017年1月6日金曜日

謹賀新年だよ〜2017

プロネート2017年(酉年)年賀状をご紹介します。






明けましておめでとうございます。プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今年は酉年(とりどし)だね。なので、今年のプロネートの年賀状はこんなマンガを載せているよ。読みにくいけど、右上から左下に向かって読んでね。

年賀状に掲載された漫画



わ〜い、今年の干支(えと)に勝っちゃった!

空気を読まない負けず嫌いの助太力くん



年賀はがきの表面の全体像はこちら



プロネートの年賀状は、小ロット対応のオンデマンド印刷機で出力しているんだ。

なので、いくつかのデザインの中から担当営業が選んで送っているので、これじゃない年賀状が届いている人もいるよ。


写真の中にお名前が入った「UniSnap年賀状」が届いた人は、宛名面に日本郵便さんのお年玉くじの代わりに全員プレゼントの申込方法が書いてあるので、ぜひぜひお申込してね〜♪

扇の中にお名前が入っています

★パーソナライズ・プリント・サービス「UniSnap



ではでは改めまして、今年もよろしくお願いします☆





2016年12月8日木曜日

光を放つキューブテーブルを展示したよ

弊社で企画制作した光のテーブルをご紹介します。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、板橋区さんのイベントで設置した『LIGHT UP CUBE TABLE(ライトアップ キューブテーブル)』をご紹介するよ。

弊社で企画制作した『LIGHT UP CUBE TABLE』


これは先月に開催された『いたばし光と食の祭典』というイベントで、会場のひとつである清水稲荷神社の境内に展示したものだよ。

アクリル製のキューブを組み合わせて、それぞれにカウンターテーブルやダイニングテーブル、腰掛けの役割を持たせて、飲んだり食べたりができる空間を作ったんだ。

昼間も来場客に活用されていた


キューブの中にはLEDライトが仕込まれていて、暗闇(くらやみ)の中で光を放つ仕掛けになっているよ。

夜の帳(とばり)の中で、幻想的な雰囲気を醸し出していたよ〜

独特な情緒のある光の空間


そうそう、プロネートのUVインクジェット印刷機とデジタルカッティングマシーンで、『LIGHT UP CUBE TABLE』のアクリル看板も作ったよ。

こちらも闇夜に光る仕様で、来場してくれたお客さんをお出迎えしたんだ。

自社製のLEDアクリル看板スタンド


夜の部ではなんとギャルソンが登場!

併設された『三田線バル』さんのテントではお酒や食べ物も売っていたので、お客さんはムーディーな音楽を聞きながら、ギャルソンと、あるいは気の合う人同士で会話を楽しみながら食事をしていたよ。

光の中で黒子に徹するギャルソン


光のキューブに包まれて、非日常な空間を体験する──

これはもはやインスタレーション、現代アートと言っても過言ではないよ!

自画自賛する自称アーティスト・助太力くん



木陰に設置したため、小雨の間は枝葉がある程度は傘になってくれていたんだけども、あいにく途中から本降りになってしまって、会場も早めに撤収しちゃったのが心残りだったな〜

でも、昼間に『LIGHT UP CUBE TABLE』を見て、もう一度光るところを見ようと大雨の中、足を運んで来てくれた人がいることを知ったときは、とても嬉しい気持ちになったよ♪

参照:@Raizo_DOLores


このテーブルたちは、長さが40cm角の最小ブロックをベースに、キューブ2個分の80cmタイプ、4個分の160cmタイプの3種類のブロックで構成されているよ。

最小ブロックの40cm角のキューブは、カクテルバーなどのインテリアや、お店前の看板の代わりとしても使えそうだね。

お酒のボトルとバラのツーショット


『LIGHT UP CUBE TABLE』が展示された「いたばし光と食の祭典」は、板橋区さんが主催している「板橋オリめしプロジェクト」の一環として開催されたんだ。

板橋区はもともと光学(と印刷)の街で、さらに青色発光ダイオードを発明した中村修二教授が共同創業した「Soraa(ソラー)」という会社の拠点にもなっていることから、「光」が区のシンボルにもなっているよ。今回のイベントでは、『LIGHT UP CUBE TABLE』が「光」の一端を担ったってわけだね。

境内にある銀杏のライトアップもキレイでした

「板橋オリめしプロジェクト2016」いたばし光と食の祭典


「板橋オリめし」キャンペーンは2017年1月31日(火)まで開催されていて、区内のそれぞれの飲食店さんがいつものメニューにひと手間を加えたり、ひと工夫したりした「Made in 板橋」のオリジナル料理を提供しているよ。

オリジナルのメニューやお店の場所については、下記のページを参照して、気になったオリめしがあったら訪れてみてね〜

「板橋オリめし」キャンペーン参加店舗





『LIGHT UP CUBE TABLE』に関するお問合せは、下記よりお願いいたします☆


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2016年12月2日金曜日

会話が弾む“ビジュアル系”お年賀名刺を配ろう

年始の御挨拶に注目されるお年賀名刺をご紹介します。





【追記】2016年12月2日 
この記事は2015年12月2日に公開したものを最新の情報に更新しています。




こんにちは、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、年始の挨拶回りや賀詞交換会に最適な、“ビジュアル系”お年賀名刺をお送りするよ。

インパクト抜群の“ビジュアル系”お年賀名刺



"ビジュアル系"お年賀名刺とは?


"ビジュアル系"お年賀名刺を一言でいうと「写真の中にお名前が表現された名刺」だよ。

差出人の名前が写真の中に入った名刺
写真のどこかに名前が入り込んでいます


上の写真では、左にあるおみくじみたいな紙に、「助太力」というボクの名前が書かれているね。


ひっくり返せば、会社名や連絡先が書かれた、いつもの名刺が現れるよ。

こちらの面も正月仕様で、隅に「謹賀新年」の文字が印刷されるよ。

「謹賀新年」の文字が入った名刺
裏面(表面?)は通常の名刺になっている


どちらを上にして出すかに決まりはないんだけれども、ボクは思い切って写真面を先に見せることをオススメするよ。お客さんが一瞬「えっ?」って顔するのを見たいからね♪

「?』を浮かべる上司と「!」が飛び出す女性社員
お客様の反応に、笑みを浮かべる助太力くん


ご担当者が不在の場合でも、代わりに対応してくれた人に、まずは写真を見せて印象づけておいて、その後で裏面が普通の名刺になってることを教えてあげてはどうかな?


「“ビジュアル系”お年賀名刺」活用シーン
  • 「年賀名刺交換会」「新春交流会」などの新年行事で配る名刺に
  • 正月イベント・見学会に来場・来店されたお客様に渡す名刺に



選んで渡すも、選んでもらうも。


お年賀名刺用に、正月にふさわしい5つのビジュアルをご用意したよ。

お屠蘇の酒に浮かぶ金箔で名前を表現した名刺
お屠蘇 otoso
富士山の麓に浮かぶ雲で名前を表現した名刺
一富士 ichifuji
初日の出の空に飛ぶ海鳥で名前を表現した名刺
初日の出 hatsuhinode
標飾りの福紙に名前が書かれた名刺
標飾り shimekazari
名前を半紙に筆で書かれた名刺
書き初め kakizome


パッと見て名前が分かるものもあれば、ちょっと目を凝らさなくちゃいけないものもあるね。

種類があるので、あらかじめお客様に合わせて選んで渡すこともできるし、いちど適当なものをお渡ししたあとで、「こんなのもあるんですけど」と切り出して、あらためてお客さんに選んでもらってもいいね!



上司とか、何人かで一緒に訪問するときは、事前に示し合わせておいて、同じ絵柄のお年賀名刺をお渡しすることをオススメするよ♪ 

雲文字がそれぞれ「鈴木由美子」「助太力」になった年賀名刺
名前の部分がそれぞれ異なる年賀名刺


このように、“ビジュアル系”お年賀名刺は、年始のご挨拶での会話を弾ませるきっかけづくりに貢献するよ!



“ビジュアル系”お年賀名刺の作り方


“ビジュアル系”お年賀名刺は、みんなの普段持ってる名刺に、お名前入りの写真を付け足すことで作られるよ。

名刺の印刷用データをもらえたらベストだけど、無ければ現物の名刺を貸してもらえれば、それをスキャンしてデータ化するのでご心配なく!

選択肢のフリップを持つ助太力くん
印刷用データの有無をお知らせください

専用の注文書があるので、御社担当の弊社の営業か、この記事の下のほうにあるお問合せフォームより請求してください☆



セット価格


さて、気になるのはお値段だと思うけど、1名様分50枚1セットとして、1セット単価が3,000円(税抜)となっているよ。

※発送費別途


50枚の内訳も、①「いずれか1種類を50枚」、②「5種類を各10枚」から選べるよ。


この機会に、個人的に「正月だから、ちょっと特別な名刺を渡したいな」と思ったら、“ビジュアル系”お年賀名刺を申し込んでみてね!

1名様から注文できるので、他の人に抜け駆けしてご依頼してね〜



注文締切日・納品日


“ビジュアル系”お年賀名刺のご注文締切日は、12月19日(月)までとなっているよ。

当日までに名刺の現物か、印刷用のデータをお渡ししてね!


納品日は12月26日(月)になるよ。

その日だと都合の悪いって人は、事前にお伝えしてね。



“ビジュアル系”お年賀名刺に関するお問合せは、下記の問合せフォームからか、担当営業までお願いします☆




↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!






2016年9月29日木曜日

木製のペン立てを製作したよ【木材印刷事例】

木材に写真を印刷して製作した木製ペン立てをご紹介します。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、木材に人物の写真がプリントされた、世界にひとつだけの木製のオリジナルペン立ての製作事例をご紹介するよ。

木製ペンスタンドを表から見た写真

裏面にペンを差す場所があります



これはスポーツ少年団のテニス部に通うおにーちゃんやおねーちゃんの写真を、木の板に印刷してからペン立てに加工したものだよ。

縦に走る木目が、サーブの動作と相まって、いい動きを出しているね。


マンガっぽい


そのまま印刷しただけだと木材の色味や木目に影響されちゃうんで、最初に人物のところだけ白インクで印刷してから、4色のインクでフルカラー表現をしているよ。

ゼッケンやシューズ、ラケットのところを見てもらえると、ホワイトで木の色が隠されていることがわかるでしょ?

マテリアルの色が白インクで覆われている


この木製ペン立ては、卒団記念品として贈られたんだ。

当然ながら、写真はみんなそれぞれ違うよ。


何か変なアンテナみたいなのが立ってるけど、この針金の先端にある丸いものはボールを表現しているんだって♪

実用性はないけれど、凝ってるよね〜

ボールを打つシーンを再現


今回は台座が前にせり出しているため、印刷してからペン立てに加工しているけれど、前面が完全に平らな木製品であれば、完成品に後からプリントすることも可能だよ。

木材や木製品への印刷は、プロネートまで相談してね〜☆





↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



木材に印刷して立て掛け看板を作ったよ
桐箱に印刷したよ【木材印刷事例】


2016年8月30日火曜日

リーフレットスタンドパネルを製作したよ

ポケット付きの組立式パネルの制作事例をご紹介します。






こんにちは、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日はプロネートでデザイン・製作した、ポケット付きスチレンボード製パネルをご紹介するよ。

オシャレなリーフレットスタンドパネル


これはリーフレットを入れるためのポケットが付いたPOPパネルだよ。

裏に紙脚をつければそのまま自立したリーフレットスタンドになるし、駅貼りなどのポスターに貼り付けることもできるね。

リーフレットを立てて入れられるポケット付き


ポケット付きの立体的なパネルになっているけれども、糊(のり)やテープを使わずに組み立てられる設計になっているんだ♪

組立は差込式で糊いらず(裏面)


こだわりポイントは形と凸凹(でこぼこ)だよ。

このポケット付きパネルは、よくガーデニングなんかで見る木製の柵とか、簀の子(すのこ)みたいなものをモチーフにしているみたいだけれど、カッティングに一工夫することによって、繋ぎ合わせた木板が少しズレているように表現されているんだ。

下部が変形カットされている


さらに、ホワイトインクを使って表面を盛り上げることで、木板同士の間の溝の凹凸(おうとつ)も表現されているんだ! 触ってみると、デコボコしているのがわかるよ。

写真じゃちょっと分かりにくいという人は、担当営業に言いつけて持ってきてもらうか、プロネートに工場見学に来たついでに見せてもらってね♪



過去にはスチレンボードで、こんなリーフレットスタンドも作っているよ。合わせてご覧になってね。

こちらは脚もスチレンボードで作られたタイプ

リーフレットスタンドをスチレンボードで製作したよ



ポケット付きスタンドパネルの製作については、下記よりお問い合わせ・ご相談・ご注文ください☆



↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2016年8月17日水曜日

タブレットケースに印刷したよ【ダイレクトプリント事例】

タブレット端末のカバーケースに印刷した製作事例をご紹介します。





おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、タブレットPCのケースカバーにイラストを印刷した事例をご紹介するよ。

オリジナルタブレットケース製作事例


これは「ASUS Padfone S」という日本では販売されていないタブレットPCのカバーケースで、PUレザーという合成皮革で作られているんだ。お客さんから支給されたカバーケースも、台湾から遠路はるばる送られてきたよ。


色はホワイトだったんだけど、大河ドラマ『真田丸』でお馴染みの真田幸村の赤備えにならって、全面にレッドをプリントしたんだ。

桜の白色は、元々のカバーの色を活かしているよ。

赤1色の中に桜の白い花びらが映える


このタブレットカバーの表面は、三角に折り曲げてスタンドにすることができるよ。

そのため、折り曲げる部分が少し凹んでいるんだ。なので、段差の部分に文字が掛からないように、レイアウトは少し調整されているよ。

凹み部分に文字が収まっている


また、フチ無しで印刷する上に、このカバーケースは左右が少し凹んだ形をしているので、周りをスチレンボード製の治具でしっかりマスキングして、インクがケースの他の部分に付いたりしないようにしたよ。

周囲を治具でマスキング(印刷前)

印刷後はこういう状態


そういや、ボクの前掛けも赤だったね。

この燃えるような野心の色と『真田丸』人気にあやかって、ボクもマスコットキャラクター界の天下統一を目指しちゃおっかな〜!

無謀な野望を抱く助太力くん




タブレットのカバーケースについては、過去事例もあるので併せてご覧になってね。

「iPad mini3」のカバーケースに印刷した事例

タブレット(IPAD MINI3)のカバーケースに印刷したよ



タブレットカバーケースへの印刷についてのご相談、お見積、ご注文は下記連絡先やフォームよりお願いします☆




↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!