ラベル こんなものに印刷したよ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル こんなものに印刷したよ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年8月17日水曜日

タブレットケースに印刷したよ【ダイレクトプリント事例】

タブレット端末のカバーケースに印刷した製作事例をご紹介します。





おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、タブレットPCのケースカバーにイラストを印刷した事例をご紹介するよ。

オリジナルタブレットケース製作事例


これは「ASUS Padfone S」という日本では販売されていないタブレットPCのカバーケースで、PUレザーという合成皮革で作られているんだ。お客さんから支給されたカバーケースも、台湾から遠路はるばる送られてきたよ。


色はホワイトだったんだけど、大河ドラマ『真田丸』でお馴染みの真田幸村の赤備えにならって、全面にレッドをプリントしたんだ。

桜の白色は、元々のカバーの色を活かしているよ。

赤1色の中に桜の白い花びらが映える


このタブレットカバーの表面は、三角に折り曲げてスタンドにすることができるよ。

そのため、折り曲げる部分が少し凹んでいるんだ。なので、段差の部分に文字が掛からないように、レイアウトは少し調整されているよ。

凹み部分に文字が収まっている


また、フチ無しで印刷する上に、このカバーケースは左右が少し凹んだ形をしているので、周りをスチレンボード製の治具でしっかりマスキングして、インクがケースの他の部分に付いたりしないようにしたよ。

周囲を治具でマスキング(印刷前)

印刷後はこういう状態


そういや、ボクの前掛けも赤だったね。

この燃えるような野心の色と『真田丸』人気にあやかって、ボクもマスコットキャラクター界の天下統一を目指しちゃおっかな〜!

無謀な野望を抱く助太力くん




タブレットのカバーケースについては、過去事例もあるので併せてご覧になってね。

「iPad mini3」のカバーケースに印刷した事例

タブレット(IPAD MINI3)のカバーケースに印刷したよ



タブレットカバーケースへの印刷についてのご相談、お見積、ご注文は下記連絡先やフォームよりお願いします☆




↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!

2016年7月6日水曜日

色紙に番組ロゴを印刷したよ【ダイレクトプリント事例】

色紙にタイトルロゴをダイレクトプリントした事例をご紹介します。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。


7月に入って、ますます暑いね〜

今すぐ職場放棄して、プールに行きたいなー

聞き捨てならないことを平然と言ってのける助太力くん



さてさて最近、ボクのブログを見てお問い合わせしてくれるお客さんが増えているんだけど、その中で「色紙に印刷したよ」という記事を見て、なんと!フジテレビさんからのお問い合わせがあったんだ☆

★バックナンバー「色紙に印刷したよ


さっそく色紙を持ち込みでプロネートに来てもらったので、番組のロゴを印刷するところを見学してもらったよ。

タイトルロゴを印刷した大判の色紙


この色紙は、すべての音声収録が終わったときに、記念に声優さんたちのサインを書いてもらうためのものらしいんだ。

よくある一般的な色紙(242mm×273mm)だと小さすぎるので、A3くらいのサイズの色紙を用意したんだって! ボクより全然大きいね!


ロゴを印刷した部分にズームイン


これはフジテレビさんが6月末まで深夜に放映した『甲鉄城のカバネリ』というオリジナルアニメのタイトルロゴだよ。

ボクんちは深夜にテレビをつけると怒られちゃうので見れなかったんだけど、監督さんはヒット作の『進撃の巨人』にも関わっているみたいだし、作画もレベルが高いらしいよ。


見逃しちゃった人は、DVD(第1巻発売中。2巻以降順次発売)や、年末年始に映画館で総集編がやるらしいので、そちらをご覧になってね。

『甲鉄城のカバネリ』公式サイト



プロネートのUVインクジェット印刷機では、色紙や段ボールなどの厚紙印刷に対応できるんだ。

5cmの厚さのものまでプリント可能だよ!

厚みのあるメディアにも対応のUVインクジェット印刷機



さて、この色紙と一緒に記念写真を撮ったら、


「助太力くん、色紙にカブってない?」

「前掛けの『助』が色紙のロゴより目立ってない?」


というプロネート社員からの物言いがついたので、仕方なく色紙だけで撮り直してみたよ。これなら文句ないでしょ?

なんだかんだで写り込む助太力くん




色紙・厚紙への小ロット印刷は、プロネートにお問い合わせ・ご相談してね!



↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!

色紙印刷なら  


2016年1月26日火曜日

色紙(しきし)に印刷したよ【ダイレクトプリント事例】

色紙にダイレクトプリントした事例をご紹介します。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、寄せ書き用の色紙(しきし)に印刷した事例をご紹介するよ。

寄せ書き用色紙に印刷した事例

【事例の仕様データ】
仕上がりサイズ=242mm×272mm(八寸×九寸)
メディア素材=色紙(既製品)
印刷方法=UVインクジェット印刷



これは、会社創立以来ずっと勤めてきた顧問が退職するので、社員みんなに寄せ書きを書いてもらうために準備した色紙だよ。

色紙の中央にレイアウトされているのは、顧問の写真を加工して作った似顔絵。その周囲には、お花のイラストが背景として印刷されているよ。


この寄せ書き用色紙の作成には、絵を印刷した紙を貼り付けるのではなく、あらかじめ用意してあった色紙の表面に、直接インクを吹き着けるダイレクトプリントという方法を取っているんだ。

弊社のUVインクジェット印刷機
弊社UVインクジェット印刷機で製作しました


1枚だけだと全員は書ききれないので、本社にいる社員さんに書いてもらう色紙と、工場勤務の社員さん用の色紙を準備して、別々のデザインで印刷したよ。

2枚ともおんなじ写真じゃつまんないので、片方の色紙には、顧問が若かりしころの白黒写真を引っ張り出してきて、それをカラー化したり、口角を上げてムリヤリ笑顔にしてみたりと、画像修正を施したものを印刷したよ♪

2枚別絵柄の色紙
手前が数十年前の顧問の似顔絵を印刷した色紙



メッセージだけは出来合いのフォントで印刷するより、やっぱり手書きのほうがいいので、いろんな色のペンを用意して、みんなに思いの丈をぶつけてもらったんだ。

感謝の気持ちが、紙面から溢れ出るようだったよ。涙とともに・・・

寄せ書きした後の色紙
寄せ書きで埋まった色紙たち

色紙の一部を拡大
涙を流す助太力くんのイラスト



バリアブル色紙にも対応

もっと大きな会社さんだと、部署・課・グループ・チームごとに寄せ書き色紙を用意する必要があるよね。

どのセクションの寄せ書きが分かるように、数種類の色紙を制作したい、なんてときにプロネートを活用していただきたいよ。

バリアブル色紙のイメージ
すべて印刷内容が異なるバリアブル色紙(イメージ)


卒業シーンでも、クラスメイトや部活の先輩一人ひとりの顔写真と名前を直接印刷しておいて、メッセージは手書きで書いてもらう、なんていう使い方ができるね。


また、プロネートのパーソナライズ・プリンティング・サービス「UniSnap」を利用すれば、一段上のバリアブル色紙ができるよ!

例えば、会員さんとかの誕生月の人すべての名前をバースディケーキの写真の中に溶け込ませて、みんなでお祝いのメッセージを書いて送る、とかね!

写真の中の名前を可変印刷した色紙(イメージ)

★UniSnap特設ページはこちらから


「色紙への印刷」活用シーン

  • 異動・退職等で、お世話になったあの人に写真入りの色紙を用意したい
  • ワークショップ・研修・セミナー合宿などで、参加者それぞれに寄せ書きを書いて渡したい
  • 直筆の俳句や書き下ろしのイラスト作品を書いた色紙を、展示したり、関係者に配りたい
  • 有名人やスポーツ選手のサイン入り・手形が押された色紙をキャンペーン賞品にする際に、あらかじめ企業のロゴを印刷したい
  • 書店のPOPとして使用するために、作家のサインやイラスト画が描かれた色紙を複数店舗で展開したい



以上、色紙への印刷事例でした☆



最後にこの場を借りてもう一度──

顧問、今までどうもありがとうございました!



【追記】2016年6月2日 
最近の色紙は、円やハートの形をしていたり、二つ折りタイプがあったりと、いろんな商品が出てるよね〜。凸凹してなければ、こういった変形色紙への印刷も可能だよ〜



「色紙印刷」についてのお問い合わせ・ご質問・ご注文は、下記のボタンよりお願いします☆




↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!

色紙印刷なら  



製本済み冊子の表紙に印刷してメッセージブックを作ったよ



2015年11月19日木曜日

世界にひとつだけのクリアファイルを作ったよ

イメージ・パーソナライズされたクリアファイル製作事例をご紹介します。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。


先週の日曜日は七五三だったので、ボクも袴を着て神社にお参りに行ったよ〜

袴姿で千歳飴を持つ助太力くん
袴姿が妙に似合う助太力くん


男の子の袴も、女の子の着物も、いろんな色や模様があって、それぞれ違っていたね。ボクのはちょっと地味だったくらい。。。



そんな思い出にムリヤリかこつけて、今日は、同じものが一つとして無い、パーソナライズ(バリアブル)・クリアファイルの製作事例をご紹介するよ。

写真部分に相手の名前が入ったクリアファイル事例
オンリーワン・パーソナライズ・クリアファイル

【事例の仕様情報】
メディアサイズ=220mm×312mm(A4用紙用)
メディア素材=PET素材

印刷方法=カラーオンデマンド印刷



真ん中の写真に、ボクの名前「助太力」が絵画調に描かれているでしょ?

この名前の部分が、まるで渡す相手一人ひとりのために描いたかのように、それぞれのお名前に書き換えられて印刷されるんだ!

名前の部分が「鈴木由美子」に差替えられた写真
写真の中の名前が人によって変化する



このクリアファイルは、プロネートのパーソナル・プリンティング・サービス「UniSnap」を活用して、自社内のオンデマンド印刷機で出力対応しているんだ。

小ロットで製作できるというのも強みだけれど、突き詰めると多品種、それもすべて異なるオンリーワン商品を作れるのが、オンデマンド印刷の腕の見せ所だよ!

名前の部分が変化している写真数枚
名前を変化させた写真を生成するサービス「UniSnap」

バリアブル印刷可能なオンデマンド印刷機
クリアファイルに印刷可能な弊社のオンデマンド印刷機


ここで実例をひとつ・・・

こないだ、プロネートに早稲田大学の留学生や若手経営者の団体さんが会社見学に来たときに、その場でクリヤファイルに印刷してみせてお渡ししたんだけど、皆さん、思いもかけないお土産にビックリするとともに、とても喜んでくれたよ〜♪

写真がないので、助太力くんのスケッチで再現


タダでもらえるノベルティとしては定番のクリアファイルだけど、こうやって付加価値をつければ、もらったときの喜びもひとしおだね!



「パーソナライズ・クリアファイル」活用シーン
  • セミナーやワークショップで配布する資料をまとめるオリジナルクリアファイルに社名や参加者名を挿入
  • 学習塾の集中講座などのプログラムに申し込んだ顧客への特典として
  • ファンクラブ会員への名入れグッズとして


プロネートではクリアファイルの他にも、様々なイメージ・パーソナライズ・アイテムを多数ご提案しているよ。

「もっと、こんなことできない?」というお問合せは、お気軽にね☆

カレンダー・ポストカード・マグカップ等のパーソナライズ商品群
パーソナライズ商材ラインナップの一例


本日の豆知識


このブログでも、たびたび「バリアブル印刷」とか「パーソナライズ印刷」とか「ナンバリング印刷」とか、いろいろな名称が出てくるけれど、その違いはわかるかな?

これはボクのウンチク好きなお母さん(その名も、助太 知識 すけだちしきから聞いた話だけど、相手に合わせて名前や写真を個別に変化させて印刷するのが「パーソナライズ印刷」で、名刺や写真、今回ご紹介したようなクリアファイルがこれに当たるよ。

「ナンバリング印刷」は、チケットや宝くじみたいに、それぞれ異なる番号が印字されたものだね。

このように、内容をカテゴリごとに、または一枚ずつ変化させて印刷することを総称して「バリアブル(可変)印刷」と呼んでいるんだ!


以上、ボクの学習帳からの抜粋でした☆


【追記】2016年6月1日 
一般的なクリアファイルは、PP(ポリプロピレン)という素材で作られているけれど、オンデマンド印刷機に通すために、OHPフィルムと同じ熱に強いPET素材を使用しているんだ。また、同じデザインのクリアファイルをたくさん作りたい場合は、シルクスクリーン、箔押し、UVオフセット等の印刷方法で製作しているよ。

【追記】2016年6月2日 
ASKULさんのカタログでクリアファイルを探そうとしたら、思ったのと違う商品が載っていたよ。。そこでは「クリアホルダー」という名前で呼ばれていたんだ。会社さんによって違う名前の場合もあるんだね〜





「パーソナライズ・クリアファイル」などの製作についてのお問い合わせ・ご質問・ご注文は、下記のボタンよりお願いします☆


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!




一人ひとり違う名前が写真の中に入ったコースターを作ったよ(パーソナライズされたコースター事例)
展示会への集客に活躍するパーソナライズDMをご紹介するよ
「UNISNAP」はイベントにも使えるよ(パーソナライズされたうちわの事例)





2015年9月17日木曜日

タブレット(iPad mini3)のカバーケースに印刷したよ

タブレット端末用の合成皮革製カバーケースへの印刷事例をご紹介します。




こんにちは、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、タブレット端末「iPad mini3」をすっぽり覆い隠せるポリウレタン製の手帳型フルカバーケースに、ダンススクールのエンブレム(紋章)を印刷した事例をご紹介するよ。

ロゴマークを印刷した「iPad mini3」カバーケース写真
「iPad mini3」のカバーケースに印刷


合成皮革(=polyurethane leather)はポリウレタンから作られた、革のソフトな触感を再現した素材だよ。


この合成皮革の保護ケースに印刷する方法としては、当社設備のUVインクジェット印刷機を使用したよ。台の上にカバーケースを並べて、上からインクを噴き付けて印刷したんだ。

大型UVインクジェット印刷機外観
こちらがプロネートのUVインクジェット印刷機


ロゴマークは1色で刷っているけれども、フルカラー印刷にも対応しているからね!

 実はこのカバーケースの裏面にも、それぞれの持ち主の名前がカラフルにオンデマンド印刷されているんだけれど、個人情報になっちゃうのでお見せできないんだ。ごめんね〜

カバー表面にロゴを印刷したiPadフルカバーケース
もう一度、カバー表面の写真を見せてお茶を濁します

【今回印刷したiPad mini3フルカバーケースの仕様】
サイズ(寸法)=高さ約20cm×幅14cm×厚さ15mm
素材=ポリウレタンレザー(合成皮革)
※先方支給

【印刷の仕様】
※支給データを弊社にてレイアウト
※両面フルカラー印刷(裏面は別々のイラストを印刷)


ブラックやレッドなどの濃い色のカバーケースには、最初に白いインクでプリントしておいてからカラー印刷すると、写真やイラストがカバーの色に影響されることなく、キレイな発色になるよ。クリアインクの印刷も可能だよ。

もちろん、大きいタイプの「iPad Pro」のカバーケースや、他社機種のタブレット端末専用のカバーケースにも印刷できるよ。もっと言っちゃえば、iPhoneとかのスマートフォンのカバーケースにもね♪


ただ、材質によっては、あるいは表面に凸凹の多いカバーには印刷できないので注意してね。事前に弊社による現物の確認や、事前のテスト印刷をオススメするよ。




カバーケースだけじゃなく、タブレット端末の筐体(きょうたい)そのものにロゴをダイレクトプリントしたこともあるんだ! 

プロネートのUVインクジェット印刷機は熱の発生を極力抑えられるから、精密機器などの製品への印刷にも対応できるってわけだね。

タブレット端末に印刷した事例(印刷部分は画像処理しています)


「タブレット端末の本体・関連アイテムに印刷」活用シーン

  • iPadのフルカバーケースにオリジナルのイラストや写真を印刷したいときに
  • 小ロット多品種のタブレットケース商品を作成したいときに
  • 電子書籍端末のプレゼント企画として、筐体にブランドロゴを印刷したいときに
  • ノベルティ用にタッチペンへ企業名を印刷したいときに



ところでこのiPad、自分たちのダンスを録画して、動きをチェックするのに使うみたいだよ。そのために親に頼らず、子どもたちが自分たちでお金を貯めて買ったんだって!エラいよね!

一緒に学び合う仲間たちと同じデザインのiPad(正確にはカバーケースだけど)を持っていると、よりいっそうチームって感じがして、一体感が生まれるよねぇ〜


このタブレットカバーも、共通のエンブレムを表面にプリントしながら、裏面には別々のビジュアルを印刷することで、それぞれの個性をも表現しているんだ。

そんな使い方をしたいダンスやスポーツをこよなく愛するチーム・サークルの皆さんは、ぜひともプロネートにご相談してね〜



頑張っているみんなを想像したら、なんだかボクも無性にダンスがしたくなってきたよ。

よおし、さっそく世界一目指して練習しよっと!


ヘッドスピンしている助太力くん
俄然、ヘッドスピンを始める助太力くん



iPadなどのタブレット端末のカバーケースへの印刷を検討されている方は、下記のボタンよりお問い合わせください☆

ご注文は1部から受付けているよ〜


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



ジーンズに印刷したよ(ダンスユニットのユニフォームとして製作した事例)
名刺ケースにいろいろな印刷をしてみたよ
あぶらとり紙のケースに印刷したよ


2015年4月22日水曜日

ジーンズに印刷したよ【アイロンプリントカッティング事例】

当社のデジタルカッティングマシーンで切り抜いたテキストを、私物のジーンズにアイロンプリントした事例をご紹介します。






こんにちは、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日はダンスユニットのメンバーが履くGパンに、チームの象徴となるキーワードを印刷した事例をご紹介するよ。

「90's」のテキストを印刷したジーンズの写真
「90's」のテキストを印刷したジーンズ



白い文字でGパンたちに「90's」と書かれているでしょ?

それぞれプリントする位置を変えることによって、チームのコスチュームとして一体感を出しながらも、各人の枠に捉われない個性をも表現しているようだよ。

異なる位置に印刷された「90's」の文字(着用写真)
異なる位置に印刷された「90's」の文字



このデニムパンツへの印字の方法としては、アイロンプリント専用の転写シートをデジタルカッティングマシーンで切り抜いて使っているよ。

お母さんが掛けるアイロンからは、子どもたちへのあっつ〜い愛情がたっぷり注ぎ込まれているようだよ!

転写シートにアイロンをかける様子の写真
転写シートにアイロンをかける様子



このように、ダンスやスポーツのチーム全体で統一感を図るために、すでに着用してしまっている衣服にワンポイントを加えるには、アイロンプリントという方法が向いているかも。

大会が終わった後、普段着として使うためにも剥がしやすいしね。



ボクの前掛けもそろそろ飽きてきた頃なので、デニム生地で新調してアイロンプリントしてみよっかな〜

デニムの前掛けに身を包む助太力くんのイラスト
デニムの前掛けに身を包む助太力くん



「デニム生地にアイロンプリント(転写シートのカッティング)」についてのお問い合せは、下記のボタンよりお願いします☆

↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



布に印刷してトロピカルなカレンダーを作ったよ
サテン生地に印刷してテーブルクロスを作ったよ
絹に印刷して賞状を作ったよ 〜絹への印刷事例〜